Featured

Featured
Featured posts

光りの扉を開けて

人権フォーラム 2020 in 松山 演劇「光りの扉を開けて」 ハンセン病とエイズの人権問題について 演劇をとおして学び、差別や偏見を乗り越え 全ての人が「共に生きる」ための より良い社会つくりに貢献することを目的とし 松山市、松山大学「光りの扉を開けて」上演実行委員会 HIV人権ネットワーク沖縄の共催により 人権フォーラム2020in松山を開催します。 オープニング (元ハンセン病患者/シンガー・ソングライター 宮里 新一) プレゼンテーション (広島盈進中学校 ヒューマンライツ部生徒&OG) 演劇「光りの扉を開けて」   あらすじ HIVに感染していることを告げられた女子高生「めぐ」。 身近な人から差別や偏見におびえる中 ハンセン病回復者である「八重子」と出会う。 「八重子」から語られる想像を絶する過去。 そんな中で生きる勇気を得るきっかけを見つけることになる。 フィナーレ(大合唱) 【日時】 令和2年2月8日(土) 13時から15時10分まで (入場受付は12時30分から) 【会場】 松山大学 カルフールホール 〒790-8578 愛媛県松山市文京町4−2 【チケット】 入場無料 【お問い合わせ・お申し込み】 ハンセン病問題に関するシンポジウム事務局まで ※先着順 ●電話の場合 松山大学上演実行委員会 TEL:089-926-7074 NPO法人HIV人権ネットワーク沖縄 TEL:090-1941-4012 ●電子メールの場合 jinken.forum@gmail.com 人権啓発課 〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館7階 電話:089-948-6604 E-mail:jinken@city.matsuyama.ehime.jp 【詳細】 松山市役所ホームページ内
チェンジ!(表)

劇団5-4 第6回公演ミュージカル チェンジ! INTRODUCTION これは「変わる」と向き合う物語。 本作は劇団5-4団長の処女作ミュージカルを原案にした 劇団の原点とも言える作品です。 20曲を超えるミュージカルナンバーはロックやポップスに ラップ要素なども加わった多彩なジャンルで構成されています。 学生から社会人という「大人」になり 次第に変わっていくかつての仲間たち。 まだ何者にもなれていない 自分が取り残されてしまったような感覚。 平凡なゆとり世代の青春群像劇を 劇団5-4がエモーショナルに描きます。 ※この公演は、当初は2019年9月に上演の予定が 中止になってしまった同名舞台「チェンジ!」に加筆修正し 公演日時・場所を改めたリベンジ公演です。 【日時】 2020年2月1日(土) 開演 13:00/18:00 (開場30分前) ※お車でお越しの際は建物地下駐車場(有料) またはお近くのコインパーキングをご利用ください。 【場所】 テンブスホール(那覇市ぶんかテンブス館4F) 〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3丁目2−10 【チケット】 前売り・全席自由 当日一律:2,000円 ※前売り券の完売時は、当日券を販売できない場合がございます。 ※各回230席をご案内予定です。 ※未就学児の来場はご遠慮願います。 ご予約 【お問い合わせ】 チェンジ!公式ページ