ピースフル裏
竜宮城の山羊(裏)

竜宮城の山羊

劇艶
弱法師(よろぼし)

弱法師

部屋(裏)

部屋

Featured

Featured
Featured posts
演劇きかく「満福中枢」

こけら落としリレー公演 演劇きかく「満福中枢」

8/13(日)18時公演! 演劇きかく「満福中枢」は2004年4月に旗揚げして 今年で13年目、人間でいえば中学生になりました。 劇団の規模は最小人数の一人ですが 関わるすべての人の心を満福に出来るよう 企画制作出演している劇団です。 ■料金 1,000円 前売・当日券共通 ■演目 一人芝居「楽屋から」 どこかの舞台裏の楽屋で踊り子たちが今日も井戸端会議。 姉さんのだんなさんのこと、ペリーのこと、沖縄のこと、世界のこと… INDEPENDNET:3rd season selectionで大阪、東京公演を そして、福岡、長崎、愛知、長野でも上演された、社会派コメディ(笑)が帰ってきた! 朗読劇「雪ものがたり」 箏奏者沢井忠夫氏が1954年に子供のための舞踊組曲として作曲したもの。 1情景 2踊り 3子守唄 4夢 5吹雪 に、板倉要氏作の物語が寄せられた。 今日は、尺八の部分をフルートに変えてお届けする。 ■出演 犬養憲子 富里洋子 翁長良忠 眞榮田えり子
はがくれざむらい

わが街の小劇場『はがくれざむらい』

2019年の年明け公演はタイツだ! 誰も望んでいない、おじさんのタイツ姿は見たくない 正月=タイツのイメージは定着していない そんな素敵な声に応えて今年もタイツを履きます。 2019年は新たなタイツの刺客として 「劇艶おとな団」の当山彰一氏を招き、時代劇に挑戦! 当山氏はなぜタイツを履くことに抵抗がないのか? キャリアにタイツは必須なのか?それこそが問題です。 福永武史・仲嶺雄作・新垣晋也(劇団O.Z.E)・小池美津弘といった ごくわずかな人たちにだけお馴染みのメンバーもタイツを履きます。 唯一紅一点の山内千草のタイツ姿は拝めるのか?拝めないのか? それは本番までのお楽しみ!ということで、この宣伝文句につられて 劇場に足を運んでください。 2019年新春タイツショー「はがくれざむらい」 出演 当山彰一(劇艶おとな団) 新垣晋也(劇団O.Z.E) 福永武史 仲嶺雄作 小池美津弘 山内千草 日程 1月18日〜20日 18日 20時 19日 20時 20日 14時・20時 *開場は公演30分前 チケット 一般2,000円 学生1,500円 *当日は500円増し 場所 わが街の小劇場 那覇市松尾2-19-32 お問い合わせ 演劇NO.1 タイツ芝居を見たお客様の声 「タイツの膨らみには夢が詰まっている」 (36歳無職男性) 「クイーンのボーカルもタイツ姿が多かった」 (25歳無職女性) 「ご飯を食べている時、タイツを見るとおかわりが欲しくなる」 (58歳無職男性) 「消費税は上がっても、タイツは据え置きにしてほしい」 (43歳無職女性) 「うちの愛犬にもタイツを着せる予定だ」 (34歳無職男性)