島守のうた

島守のうた

0
シェア
島守のうた 演劇No.1

浦添平和発信事業~うらそえ平和演劇会~
「島守のうた~あした天気にしておくれ~」

~あらすじ~
「明朗にやろう!」。一九四五年一月末、戦争の影がますます色濃くなる沖縄の地に降り立った沖縄県知事・島田叡(しまだあきら)。彼は沖縄県警察部長・荒井退造(あらいたいぞう)と共に自らの信条を貫き最後まで県民に寄り添い戦い続けた。彼らを中心に命を賭して住民を守ろうとした多くの県庁職員や警察官。戦後、県民はそれを讃え『島守』…そう呼ぶのであった。沖縄戦で多くの命が奪われ、そして、多くの命が救われた。これは、過酷な戦時体制下で、一人でも多くの命を救おうとした島守たちの物語。

1.趣 旨 :沖縄戦時の沖縄県知事島田叡氏(現在の兵庫県神戸市出身)、沖縄県警察部長であった荒井退造氏(現
在の栃木県宇都宮市出身)は、県外や沖縄北部へ疎開を進め、20万人を超える方々を救ったとされ、戦後生き残った沖縄の人々により、共に「島守」と呼ばれ敬愛されている。その「島守」と呼ばれた方々の生き方から平和の意義を物語から次世代へ伝え、高齢により少なくなりつつある戦争当時を生き抜いた地域の人々の「声」を演劇に残す点を柱にした舞台演劇。
地域で継承し未来を拓く人物を育む為に平成30年3月に初演を果たした舞台演劇「島守のうた~あした天気にしておくれ~」を浦添市、島守のうた実行委員会主催で浦添公演を開演。

2.主 催 : 浦添市、島守のうた実行委員会
3.共 催 : 浦添市教育委員会

4.後 援 : 沖縄県(予定)、那覇市、株式会社沖縄タイムス社、株式会社琉球新報社、沖縄放送株式会社(OTV)、
琉球放送株式会社(RBC)、琉球朝日放送株式会社(QAB)、株式会社ラジオ沖縄(ROK)、株式会社エフエム沖縄

5.協 力 : 島田叡氏事跡顕彰期成会、一般社団法人まちづくりうらそえ、城岳同窓会、株式会社赤マルソウ、東京大学同窓会赤門会沖縄支部、明治大学同窓会沖縄支部、兵庫県人会、栃木県人会、那覇市繁多川公民館

6.日 時 :
令和元年6月22日(土)夜の部/開演午後7時
23日(日)昼の部/開演午後1時  夜の部/午後6時  ※全3回公演 開場は開演30分前

7.会 場 : 浦添市てだこホール小ホール

8.チケット料金 : 前売 大人2,500円 小人1,000円 (小中高生) (当日300円増) ※膝上幼児無料

9.問合せ:

チケットご予約の際は、お知り合いの役者さんのお名前をお伝えください。お知り合いの役者さんがいらっしゃらない場合は演劇No.1をみたとお伝えください。

島守のうた実行委員会 事務局 090-8292-8523(事務局長 西平)

10.スタッフ
舞台監督・美術:仲宗根満 / 音響:松尾智博 / 照明:金城悟(有限会社沖縄舞台) 脚本:上原圭汰(プロパン7)
演出:高安剛士(劇団5‐4) / 制作・アシスタントプロデューサー:大久保卯月 / 総合プロデューサー:西平博人(FLAME9)

11.キャスト
西平寿久(リバース ザ ワールド)、岸本尚泰(Be-STUDIO)、金城大志(劇団Theater TEN Company)、山田行(Be-STUDIO)、大城優紀、岩田勇人(よしもと沖縄)、棚原奏、田島龍(リバース ザ ワールド)、安仁屋舜(リバース ザ ワールド)、嶺井理輝(創作衆~桜輝~)、饒波正庸(リバース ザ ワールド)、濱崎啓吾、上地広季、瑶いろは、阿波根えりか、長嶺芽依(リバース ザ ワールド)、賀数美紀(リバース ザ ワールド)、佐藤夢、石嶺凜、岩谷教正、安里小和
特別キャスト・・・・浦添市ピースメッセンジャーの皆様 古波蔵好太郎、与那嶺実々、稲福優衣、泉志穏、加藤綾華

島守のうた 演劇No.1

シェア
前の記事INDEPENDENT:OKN
次の記事ぷらさない

返事を書く

CAPTCHA