デイリーアーカイブ 2019年1月4日

彗星マジック『ポストグラフ』

ポストグラフ表

アトリエ銘苅ベース2018年提携カンパニー公演 彗星マジック 『ポストグラフ』 ゴッホが画家たちの共同生活場所 創作拠点として作った「黄色い家」。 主人公アルルは強い想いでその戸を叩く。 ゴッホ、ゴーギャン、スーラ、シニャック、マティス そこに集った画家たちは喧嘩しながらも お互いを高め合い親交を深めていった。 しかしナポレオン亡き後のフランス史のうねりが 彼らをも巻き込んでいく…。 人も歴史も風景も。 光も心も生も死も。 その全てをカンバスの上にのせた画家たちの物語。 一人芝居フェス「INDEPENDENT」に参加して 「シロとクロ」(出演:米山真理×脚本演出:勝山修平)が好評を得た 彗星マジック初の沖縄公演! <出演>米山真理(彗星マジック)、立花裕介 池山ユラリ(彗星マジック)、中嶋久美子、鈴木太海 野倉良太(東京ガール)、上杉逸平(メガネにカナウ) 犬養憲子(演劇きかく「満腹中枢」) 会場・日程 アトリエ銘苅ベース 1月19日(土) 14時開演/13時半開場 1月19日(土) 19時開演/18時半開場 1月20日(日) 14時開演/13時半開場 ※上演時間約2時間 料金 前売2,800円 当日3,000円 学生1,500円(前売・当日とも、要学生証) アトリエ銘苅ベースHP 彗星マジックHP お問合せ:演劇NO.1

わが街の小劇場『はがくれざむらい』

はがくれざむらい

2019年の年明け公演はタイツだ! 誰も望んでいない、おじさんのタイツ姿は見たくない 正月=タイツのイメージは定着していない そんな素敵な声に応えて今年もタイツを履きます。 2019年は新たなタイツの刺客として 「劇艶おとな団」の当山彰一氏を招き、時代劇に挑戦! 当山氏はなぜタイツを履くことに抵抗がないのか? キャリアにタイツは必須なのか?それこそが問題です。 福永武史・仲嶺雄作・新垣晋也(劇団O.Z.E)・小池美津弘といった ごくわずかな人たちにだけお馴染みのメンバーもタイツを履きます。 唯一紅一点の山内千草のタイツ姿は拝めるのか?拝めないのか? それは本番までのお楽しみ!ということで、この宣伝文句につられて 劇場に足を運んでください。 2019年新春タイツショー「はがくれざむらい」 出演 当山彰一(劇艶おとな団) 新垣晋也(劇団O.Z.E) 福永武史 仲嶺雄作 小池美津弘 山内千草 日程 1月18日〜20日 18日 20時 19日 20時 20日 14時・20時 *開場は公演30分前 チケット 一般2,000円 学生1,500円 *当日は500円増し 場所 わが街の小劇場 那覇市松尾2-19-32 お問い合わせ 演劇NO.1 タイツ芝居を見たお客様の声 「タイツの膨らみには夢が詰まっている」 (36歳無職男性) 「クイーンのボーカルもタイツ姿が多かった」 (25歳無職女性) 「ご飯を食べている時、タイツを見るとおかわりが欲しくなる」 (58歳無職男性) 「消費税は上がっても、タイツは据え置きにしてほしい」 (43歳無職女性) 「うちの愛犬にもタイツを着せる予定だ」 (34歳無職男性)