舞台:島守のうた
〜あした天気にしておくれ〜
脚本:上原 圭汰

沖縄戦最後の沖縄県知事・島田 叡(しまだ あきら)と沖縄県警察部長の荒井 退造(あらい たいぞう)を巡る物語を舞台化!今だから見て欲しい。自らの心情を貫き最後まで県民に寄り添い戦い続けた二人の物語。

■島田 叡(しまだ あきら)(兵庫県出身)
沖縄戦時中の沖縄県知事。「鉄の暴風」と言われる激しい戦況化おいて、住民を守るため、疎開業務や食料確保に尽力し、多くの沖縄県民を救った人物。島田沖縄県知事と荒井沖縄県警察部長を中心に約20万人もの命を救ったと言われている。

■荒井 退造(あらい たいぞう)(栃木県出身)
昭和18年、沖縄県警察部長に就任。戦況は日に日に悪化し、沖縄が戦場になる恐れも出てきた為、積極的に県民の疎開業務に取り組む。米軍上陸後も、島田知事を支え、激しい戦火の中、住民の保護、避難誘導に力を尽くす。

■公演
㈰ 3月10日(土曜日)18:30開場/19:00開演
㈪ 3月11日(日曜日)12:30開場/13:00開演
㈫ 3月11日(日曜日)17:30開場/18:00開演

■場所
那覇ぶんかテンブス館4階テンブスホール

■チケット
(前売り)大人 2,500円 / 子供 1,000円
※当日券は各300円増

■主 催:NPO法人1万人井戸端会議
■共 催:FLAME9
■お問合せ
098−917−3448(繁多川公民館)
090−8292−8523(西平)
Mail : 10000idobata@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA