こけら落としリレー公演 劇艷おとな団

こけら落としリレー公演 劇艷おとな団

0
シェア
劇艷おとな団

9/9(土)13時・18時の二回公演!

安和朝彦が中学時代の同級生当山彰一に同窓会で声をかけた。
「大人バンドって今流行ってるじゃない、楽器とか歌出来ないんだけど
お芝居は昔から興味があるんだよね、今度教えてくれない?」これが創立のきっかけ。
2011年県立博物館美術館講堂で旗揚げ公演を行い
これまでに年二回の定期公演を行っている。沖縄にこだわった作品創りを心がけ
近年では「九人の迷える沖縄人」(鳥取『鳥の演劇祭9』招待作品)
「いっとーばい~逃げた知事泉守紀~」(青森、畑澤聖悟さん監修)
「ゴーストライター~戦後70年の体戦記~」(西原町平和学習月刊、同教育委員会共同主催公演)などが有る。
「大人が夢を見、実現できなくちゃ、子どもと夢を語れない」をキャッチフレーズに活動中。

■料金 2,000円

■演目 家族サミット
作:国吉誠一郎 演出:当山彰一

金城秀明(35歳独身長男)が昼過ぎに起きてくると
家族全員が居間に集まっていて家族サミットの準備をしていた。
議題は「秀明の結婚について」。
秀明の気持ちはそっちのけで自由気ままな父親秀雄の進行で
家族サミットは予定通りどんどん進んでいくがサミットは空転状態に。
おばーがおじーとの出会いを語り、家族の思いを伝え
秀明も理解はしていると空転状態は解消する。
一旦休止となった家族サミット中に秀明は夢の中で
おばーの教えてくれた人を好きになるシチュエーションを見る。
夢の中で告白しようとするが、夢から覚めてしまい夢だと気づくのだが
もうひとつ告白できなかった自分が悔しがっていることに気づく。
その時、夢に出てきた上原愛が目の前に現れ、秀明の気持ちが現実となろうとする。

■出演
国吉誠一郎・安和学治・なかちかおり・久高友昭
平良暁・安和朝彦・安室憂美 ほか

返事を書く

CAPTCHA